見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

アルママとの良血対決を制してきょうだい10頭目の勝ち上がり。2018メイクデビュー札幌・レーヴドカナロア。

レーヴディソールやレーヴミストラルなど、冠ではないですが「レーヴ」がつくと強い馬。

それがレーヴドスカーにロードカナロアをつけて生まれたこてこての馬名でもあるレーヴドカナロアです。

厩舎は一風変わったといっては失礼ですが、栗東・斉藤崇志厩舎。

圧倒的1番人気に推されていたホエールキャプチャの初仔になるアルママが1.7倍の支持を受けて出走も、それを封じて勝利。

マイル路線になりそうな気配ですが、牝馬同士ならオークスでも、というのは今年のアーモンドアイが実証済ともいえます。

母系からはスタミナを受けついでいてもおかしくない血統背景。

騎乗したルメール騎手も期待を寄せるレーヴドカナロアのレースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com