見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

新境地開く重賞3勝利目は芝2000m。マカヒキ、モズカッチャンを撃破。2018札幌記念・サングレーザーと福永祐一。

G1級のメンバーがほぼ毎年そろうのが札幌記念。

今年はダービー馬マカヒキやエリザベス女王杯勝ち馬・モズカッチャンが参戦。

終わってみたら、今年のダービーをワグネリアンで制した福永騎手の腹をくくった騎乗が功を奏してハナ、アタマ差の接戦を制してサングレーザーが勝利。

 

サングレーザーといえばとにかく乗り難しい、というイメージが若いころはありましたが、古馬になって落ち着きが出てきたのか、距離にも融通がきくようになってきたようです。

距離がもたないならもたないでいい、という気持ちで競馬したと福永騎手のコメントがありましたが、昨年のマイルチャンピオンシップ3着、今年の安田記念5着と、マイルではあと一歩だっただけに、2000mをこなせたのは秋に向けて収穫が大きい一戦。

 

はたして秋の天皇賞からマイルチャンピオンシップなのか。

はたまたマイルチャンピオンシップから香港に向かうのか。

父ディープインパクトはあまり成長力がない、と個人的には思っていましたが、この馬は違うのかもしれません。

レースはこちらからご確認ください。

www.youtube.com