見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

横山和生騎手デビュー8年目で重賞初勝利。砂の新星誕生@2018エルムS・ハイランドピーク。

今年の3月のマーチSでも1番人気に支持されるなど、能力の高さはファンも認めていたトーセンブライト産駒のハイランドピーク。

島川オーナーは最近は冠を外すケースも多く、自家生産馬ですが、トーセンの冠はついていません。

 

マーチSはまさかの9着大敗も、その後は1,2着と安定感を取り戻して挑んだ今年のエルムS。

逃げるとしぶといドリームキラリを退けて重賞初勝利となりました。

 

そして騎手にとっても記念すべき初勝利。

デビュー8年目で待望のJRA重賞初勝利となった横山和生騎手。

未勝利戦で自身が騎乗したときのインパクトがあったので、その馬で重賞を勝てたのがなによりうれしい、とコメント。

1番人気のミツバは後方から末脚を伸ばすも3着まで。展開利もあったにせよ、見事な勝利。

韓国のコリアCあたりは適鞍だと思いますが、選出されず、秋の目標はチャンピオンズCになりそうですが、ヤネも含め今後も注目の1頭です。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com