見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

田部和則厩舎・五十嵐冬樹、思い出すのはコスモバルク。それ以上の器なのか?2018コスモス賞・ナイママ。

イタリア、イギリスと渡っているダノンバラードを日本に呼び戻すきっかけになった馬が道営の田部和則厩舎管理馬のナイママ。

父ダノンバラード、母ニシノマドカから生まれたナイママ、デビュー戦は圧巻の11馬身差の圧勝。

初芝となった今回のコスモス賞も、JRAの1番人気馬・アガラスとの一騎打ちを制して勝利。

距離適性は果たしてマイルなのか2000mなのかはまだわかりませんが、札幌2歳Sに参戦を予定しており、昨年のトラストに続く地方馬連勝なるかも注目です。

 

岡田総帥が「コスモバルク以上」と語る器、果たしてどうなのか。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com