見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

カンパニー産駒初、杉山調教師も初重賞制覇。2018目黒記念・ウインテンダネスと内田博幸。

カンパニーといえば超晩成ともいえる馬でした。

ウオッカ、ディープスカイ、ダイワスカーレットなどと叩き合っていたカレも早くも種牡馬です。

産駒も2歳から、というのは出てこないだろうなあとは見ていましたが、重賞勝ち馬を輩出するまでになるとは思いませんでした。

 

母モエレメルシーから生まれた栗東・杉山厩舎所属のウインテンダネス。

東京で2連勝でG2勝ちを決め、秋への飛躍なるか注目も集まります。

ヤネは最近存在感がやや薄めの内田博幸騎手。

絶妙なペース判断からの抜け出し、9番人気とはいえお見事!といったところ。

2着はノーブルマーズが10番人気ということで波乱となりました。

ハンデ戦らしい叩き合いはこちらからどうぞ!

www.youtube.com