見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

独壇場。母フサイチパンドラ最高傑作確定か?ロードカナロア産駒、2400mでG1勝利。2018オークス・アーモンドアイ。

距離延長が不安視されるはずのロードカナロア産駒・アーモンドアイ。

ところが、桜花賞時よりオッズは上昇。

人気的にはラッキーライラックと分け合っているようにも見えますが、実質1強で迎えたのが2018年のオークス。

桜花賞ではシンザン記念よりもキレる脚を魅せての怒涛の追い込み。

東京コースは直線が長いだけに、不発は心配していたファンは少なかったとは思いますが、問題は距離延長で同じような末脚を繰り出せるかどうか。

 

オルフェーブル産駒ということで、距離延長なら逆転も、と期待されたラッキーライラック。

真っ向勝負、といいますか、桜花賞同様、自分の競馬を貫いた結果がまさかの3着。

桜花賞上位3頭が異常に強いんだなと感じさせられたのが今回のオークス。

 

リリーノーブル川田騎手、ラッキーライラック石橋脩騎手ともに、「あんなとこにいるとは思わなかった」と言わしめたルメール騎手の奇策とは?

 

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com