見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

カネヒキリ産駒が鋭く差しきり連覇達成!2018マーキュリーカップ・ミツバと松山騎手。

連覇というのはどの業界にせよ難しいものです。

相手関係、自身が確実に1歳年を取るといったどうしようもない条件をクリアして初めて成し遂げられる偉業。

 

2018年のマーキュリーカップは連覇のかかるミツバと松山騎手のコンビが登場。

夏は上がり馬が人気になることもあり、2番人気に甘んじました。

1番人気は関東馬・フェニックスマーク。

 

ところが終わってみたら2着には1馬身差、3着には5馬身差をつける圧勝劇。

舞台の盛岡競馬場が合うのもありますが、地方交流クラスのG3なら、格上ということがはっきりしました。

 

問題はG2以上のクラスでまだそこまでの結果が残せていないこと。

父カネヒキリは惜しまれながらも亡くなっており、後継種牡馬となるにはこの連覇では苦しい。

秋のJBCは2018年は京都開催だけにちと厳しいか。

 

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com