見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

人気に応え重賞初勝利。フサイチペガサスの貴重な後継者なるか。2018北海道SC・テーオーヘリオス。

マスクゾロがフサイチペガサスの後継としては日本にいます。

が、ミスタープロスペクターの直仔というのが、今の日本ではあまり売りにならないのが現実かもしれません。

いっそ、マスクゾロもですが、アメリカのほうが需要、種付け料ともに上がってくるんじゃないか、と思えます。

 

が、そんな中、ダート短距離でフサイチペガサス産駒が重賞初勝利。

1200m、門別で4,5番手追走というのは、1番人気としてはそこそこ度胸がいりそうな位置取りかもしれませんが、終わってみたらクビ差で勝利。

2着には地方交流常連のラブバレットが入っており、3着にはもはや古豪となったスノードラゴンということで、思ったほどレースレベルも悪くありません。

鞍上は浜中騎手でした。

 

レースはこちらからご確認ください。

www.youtube.com