見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

大外一気でレコードV。藤沢厩舎は10年連続JRA重賞Vの偉業達成@2018アーリントンカップ・タワーオブロンドンとルメール。

父レイヴンズパスだから、というよりは気性の問題もあってか、マイルがギリギリ、いや1400mまでがベストと思われていたのが京王杯2歳S勝ち馬のタワーオブロンドン。

騎乗しているルメール騎手もマイルは半信半疑、というコメントを残していることもあり、この距離でどうか、と思っていましたが、相手関係もあってかあっさり勝利。

 

問題は東京競馬場が舞台となるNHKマイルカップ。

さすがにマイルが長い馬はこの舞台ではごまかしがききません。

ルメールマジックでなんとかするのか?

2着にはパクスアメリカーナが入り、まずまずのレースレベルだったものの、果たして本番直結なるかも注目の移行して初のアーリントンカップ。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com