見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

1.4倍クラックスマンまさかの敗退。大物喰いでG1初制覇はこの馬!2018プリンスオブウェールズS・ポエッツワード!

ガネー賞、コロネーションCとG1を連勝して本格化しているクラックスマン。

今回のメンバーでも当然のごとく圧倒的1番人気の1.4倍を背負ったのが2018年のプリンスオブウェールズS。

 

残り450mで満を持して先頭に踊り出たところまでは良かったのですが、その後ろから刺客が忍び寄っていました。

父ポエッツヴォイスのポエッツワードが道中はクラックスマンの直後に控え虎視眈々と仕掛けどころを待っていたところ、先に仕掛けたクラックスマンを見事捉えての勝利。

 

3着のホークビルは今年のドバイシーマクラシック勝ち馬で、弱いはずはないんですが、なんと2着から8馬身差がつきました。

上位2頭、凱旋門賞ではクリンチャーとぶつかることになりそうですが、今年も欧州勢が強力なのか?

レースはこちらからどうぞ!

 

www.youtube.com