見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

母はアメリカG1短距離勝ち馬。父は中距離馬。デビューは芝1200mで正解か?2018メイクデビュー函館・アスターペガサスと小崎騎手。

2018母が短距離馬だから産駒も短距離馬、というほど単純ではないのが競馬でもあり、生産の難しさでもあります。

1200mスペシャリストだったレディブロンドの弟は、あのディープインパクト。

姉が短距離だから弟も、というわけでもなく、なかなか調教師としても難しい選択を迫られるのがメイクデビューでの初戦ではないでしょうか。

 

そういった意味で、ピタっとハマったのが、メイクデビュー函館に出走したジャイアンツコーズウェイ産駒のアスターペガサス。

母は体型的にもスプリンター、父はまあ中距離といったところで、どちらを選択するか悩ましいところでしたが、母の血を信じて選択した芝1200m。

見事5番人気ながら勝利。

 

問題なのは、素質だけで勝っただけで、本質的には中距離馬だった、という可能性もあることでしょうか。

この距離で勝った以上は、函館2歳Sなど、夏はスプリント路線になりそうですが、牡馬だけにNHKマイルカップ、いや、皐月賞の芽も早めに摘むのはもったいない感じです。

 

栗東・中竹調教師の今後のローテ選択にも注目です。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com