見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

昨年のリベンジ成功も。アドマイヤムーンの後継種牡馬第二の矢になるか?2018函館SS・セイウンコウセイと池添謙一。

昨年は高松宮記念勝ち馬がなぜ函館に?と思っていたら敗退していたのがセイウンコウセイの函館SS参戦でした。

もともとは松田騎手のお手馬でしたが、自業自得のミスで主戦をはずされ幸騎手に。

その後紆余曲折を経て松田騎手に手綱が戻ったものの、残念なら勝つまでにはいたらず。

 

アドマイヤムーン産駒の後継種牡馬としてはハクサンムーンがいるわけですが、まだまだダーレーとしてはもうちょっと長めの距離もこなせる馬がほしいところ。

ですが、結局次もスプリンターになりそうだ、というのが池添騎手とのタッグで昨年のリベンジ成功の2018函館スプリントステークス。

とはいえ、、、昨年以上にメンバーがしょぼい。あまりアテにならないかもしれませんが、勝ちクセが取り戻せたかどうかは、次戦以降の結果で判断したいところ。

 

逃げ切り、というのものなあ。ハクサンムーンもだが、スプリントを逃げ切るのは最近の競馬ではかなり至難になりつつある。

レースはこちらからどうぞ。

 

www.youtube.com