見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

メジャーエンブレム、ソウルスターリングと2年連続桜花賞で期待を裏切った男・ルメール。今年はいかに?2018桜花賞・アーモンドアイ!!!

ダイワスカーレトやジェンティルドンナをはじめ、シンザン記念を牝馬で勝利すると、そのときの相手関係やレースレベル関係なく、なぜか出世してしまいます。

 

今年の勝ち馬は新種牡馬ロードカナロア産駒のアーモンドアイ。

間隔をあけないと使い込めない弱さがあることもあり、桜花賞トライアル、桜花賞と2度の遠征を嫌い、ぶっつけ本番を選択。

 

シルクの牝馬でクラシックといえば、シルクプリマドンナのオークスが浮かびますが、桜花賞はまだ未勝利。

そして管理する国枝厩舎といえば3冠馬アパパネ。

この時期の牝馬の仕上げには定評がある厩舎の1つ。

 

そこにルメール騎手が騎乗となると、1番人気の2歳女王・ラッキーライラックとしても油断ならない相手だったはず。

主戦の石橋騎手は、1枠をひいた時点で、もう小細工なく3,4番手追走で押し切る競馬を選択したのは間違いじゃなかったはず。

 

間違ったのは、競馬ファンのほうで、あんな豪脚をG1で見せるアーモンドアイを過小評価気味だったかもしれない。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com