見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

ラクラク逃げ切り。ゲートで暴れたホークビルが楽勝。レイデオロ、モズカッチャン、サトノクラウンは轟沈。2018ドバイシーマクラシック。

最近では古馬になってぱっとしないのが日本のダービー馬。

そういう意味で、キングカメハメハの血統がドバイで通用するかも期待していたレイデオロの2018ドバイシーマクラシック参戦は、センスあるな、と思ってみていました。

距離よし。

左回りよし。

相手関係もそこまでではない。これもよし。

 

と思っていたら、ゲートで隣のホークビルが暴れる暴れる。

つられてレイデオロも落ち着きがなくなります。

どうなることかと思っていましたが、終わってみたら、暴れたもん勝ちという結果に。

 

モズカッチャン、サトノクラウンも出走していましたが、距離を考えるとレイデオロが一番日本馬では戴冠に近いかなと思っていただけに、実質何もできずに負けたのはかなり残念。

そして今年の日本馬のレベルでは、残念ながら海外では太刀打ちできない、というのがこのクラシックディスタンスでの敗退で見えてきた気がします。

凱旋門含め、今後も海外遠征組は出てくるでしょうが、2018年は厳しい気もします。

 

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com