見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

7番人気でオルフェーブル産駒が大仕事!戸崎騎手も初クラシック制覇@2018皐月賞・エポカドーロ。

戸崎騎手といえばクラシックでは軽視、というイメージしかなかったんですが、ようやくといったところでしょうか。

2018年皐月賞は2歳チャンプのダノンプレミアム不在の中、大混戦となりました。

1番人気はダノン相手に弥生賞では完敗と思えたワグネリアン。

 

ところが・・・終わってみたら新種牡馬オルフェーブル産駒のエポカドーロが乱ペースの中、実質4番手ながら逃げの形になり勝利。

後ろからは何にも来ない!という形容がふさわしいレースになりました。

仕上げには定評がある栗東の藤原英厩舎だけに、前走でステルヴィオ相手に2着は伊達じゃなかったということなんでしょう。

2着には弥生賞で4着となり権利が取れずも参戦できたサンリヴァル。

こちらもオークス馬ウメノファイバーにつながる血統ということもあり、あながちフロックにも思えない走り。

 

そんな中一番しんどい、一番強い競馬をしたのはおそらく3着のジェネラーレウーノ。

デビュー戦から期待されて人気を背負ってきた馬ですが、京成杯から直行というローテと、シンザン記念ほどの出世レースではないこともあり、人気は低め。

終わってみたら、スプリングS、弥生賞、京成杯とすべて違うローテから来た馬たちでワンツースリーとなってしまい、勢力図がさっぱりわからなくなりました。

 

レースはこちらからどうぞ!

 

 

www.youtube.com