見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

中山・ダート・1800m。なんとこの舞台8勝のコース巧者が当然の帰結。2018マーチS・センチュリオン。

偏った戦績の馬っていますよね。

東京になると走る。

夏になるといきなり走る。

逆に寒くなると走らない。

などなど。

そんな中ピンポイントで走るコースがわかるわかりやすい馬がキングカメハメハ×ハンドレッドスコアの間に生まれたセンチュリオン。

中山ダート1800mだけで8勝ということで、そのうち銅像も建つんじゃないかというくらい極端な戦績。

それでもなぜか今回2番人気。

1番人気は上がり馬のハイランドピークでしたが、逃げ馬が出遅れたらこうなるよね、という惨敗。

元JRA所属のロワジャルダンがなぜか10番人気という低評価で3着。G3ならこのくらい走れて当然なんですが、都落ち?した馬は評価が下がるのか。

レースはこちらからご確認ください。

www.youtube.com