見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

砂→芝に戻り4戦3勝。キセキじゃないぜガンコだぜ!2018日経賞・ガンコと藤岡佑介。

クリンチャーの京都記念制覇など、今年の藤岡佑介は一味違う。

プロ野球の広島風にいえば「神ってる」といったところ。

とはいえ、神ならG1は勝たないといけない。

 

父ナカヤマフェスタという点を考えると、これまでよくダートで結果出してきたよなと思える血統背景ですが、馬がしっかりするまでは高速になりがちな芝を使わない、というのも成長を促す上でも必要かもしれません。

もちろんオーナーの理解がないと気長に育てる、というのはなかなかローテも組みにくいのかもしれません。

 

江坂特別を人気薄で勝利したことから結果的に芝路線に本格移籍となったガンコですが、成長期とヤネががっつり噛み合ったといえるのが今回の日経賞。

1番人気は昨年の菊花賞馬キセキ。

香港帰りは人気でも疑えといった鉄則?もありますが、それにしても負けすぎな感じも。

結果的に7番人気で2着にチェスナットコートが入っていることもあり、レースレベルだけでいえばうーん、という感じですが、本賞金加算、かつG2勝利によって使いたいレースが使えるようになったのは大きな収穫。

レースはこちらからどうぞ!

 

www.youtube.com