見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

全4戦コンビの嶋田純次「距離こなしてくれた」。秋華賞ならまだ間に合う。2018中山3歳500万下・ロードライト。

関東の若手騎手の奮起が期待される中、話題は藤田菜七子騎手ばかり。

栗東ではオーストラリア遠征など、意欲を見せている若武者もいますが、美浦は善臣おじさん、エビショーさん、ノリさんとベテランの存在感は目立つものの、JRA生え抜きの若手でようやく成長してきたのは丸山、田辺騎手くらいじゃないでしょうか。

 

そういう意味でも、もうちょっとがんばってくれ!というのが嶋田純次騎手。

乗り馬に恵まれているわけではないのはわかっていますので、一鞍一鞍での丁寧な騎乗で関係者にアピールするしかないわけですが、ヴィクトワールピサ産駒のロードライトで貴重な3歳戦での2勝目を挙げました。

 

クラシックうんぬんという相手関係でもありませんが、6番人気という伏兵での勝利は、関係者にはインパクトはあったかと。

2018年夏競馬、さらに平成の次の年号になる来年へと、飛躍する騎乗を続けてほしいものです。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com