見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

父ロードカナロアからまさかのクラシック馬が出るのか?2018スプリングS・ステルヴィオとクリストフ・ルメール。

父ロードカナロアには無限の可能性がある。

そう思えたのが初年度産駒から飛び出したステルヴィオ。

これは・・・2400mあるいはひょっとしたら菊花賞でもいけるんじゃないか、と思える末脚。

かつ折り合いに苦労しないイメージもあり、ルメール騎手とも合っているイメージもあります。

美浦・木村厩舎はまだG1未勝利ということもあり、この馬でなんとか、といったところ。

ダノンプレミアム不在なら、G2とはいえ負けられないといった結果がそのまま出ました。

次の皐月賞が早くも楽しみに。

www.youtube.com