見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「レースを覚えてきている」by丸田。父ヨハネスブルグはやはり短距離向か?2018沈丁花賞・セイウンクールガイ。

ヨハネスブルグはあまり注目されてきませんでしたが、気づけばフサイチパンドラにも種付けされている、という魅力があるのかないのかわからない血統。

短距離馬、というイメージですが、サウスヴィグラスやスウェプトオーヴァーボードなど、思わぬ大物を出すのもまた短距離馬。

ロードカナロアも該当ですが、さすがに失礼か比較したら。

 

そんなヨハネスブルグから生まれたのがセイウンクールガイ。

先行して追い比べを制する、という内容はまずまずの競馬。

騎乗していた丸田騎手は2番人気で勝利、ということで、人気馬でもやれるじゃないか!と個人的に。

 

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com