見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

馬5:騎手5の時代到来か?ペース判断が巧みすぎるデムーロ騎手@2018大阪杯・スワーヴリチャード。

馬7:騎手3。

そう思われていましたが、最近ではほぼ五分五分じゃないかと。

そのくらい騎手の腕で勝ち負けしているな、と思えるのが2017年でいえば日本ダービーのレイデオロ、マイルチャンピオンシップのペルシアンナイト、そして今年の大阪杯・スワーヴリチャード。

いずれも外国人騎手の騎乗。もはや日本人か?と思えるデムーロ、ルメール騎手の手綱です。

豊マジック、モレイラマジックということばがありますが、マジックとも呼べない当たり前のような騎乗で勝ってしまうぶん、この2人のほうが上なのかもしれません。

 

後方に位置取り、かつスローペースということで、ヤネもオーナーも「おいおい・・・」と思っていたかもしれませんが、気づいたら4コーナー先頭。

仕掛けが遅れた有力馬を尻目に初G1制覇。

もちろん器用な競馬ができた馬を褒めるべきなんですが、どスローで何もしなかった、あるいはできなかった騎手たちは、G1の勝ち方を知らないか、あるいは言い方悪いですが、勝つつもりがそもそもなかったのか。

 

2018年も結局は外国人騎手で終わるな、と思えますが、それはそれで時代の趨勢。仕方ないですし、相撲もそうですが、受け入れるしかない。

JRA生え抜きの騎手が、どこまで意地を見せられるのか、残り8ヶ月、堪能したいところ。

大阪杯のレースはこちらからご確認ください。

www.youtube.com