見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

ダノンプレミアムに一番近い位置にいるのはオレだ!2018スプリングS・ステルヴィオ。

NHKマイルカップ、あるいは世界の短距離王を狙える馬を作りたい。

そんなイメージがあったロードカナロアの種牡馬デビューだったわけですが、かなり意外な結果が出ている、という印象を受けます。

初年度産駒だけで決め付けはできませんが、思った以上に距離が持つ馬、かつ上級馬が出ています。

シンザン記念勝ち馬アーモンドアイの切れ味は2000m以上でもやれそうな雰囲気もありますし、今回のスプリングS勝ち馬ステルヴィオにいたってはダービーでも勝ち負けできるのでは、という操縦のしやすさもあります。

 

もちろん短距離に特化してるな、と思える馬もいるわけですが、それは本来の生産者サイドの意図だとも思いますので、違和感はないわけです。

ルメール騎手がロードカナロア産駒に相性がいいのか、はたまたたまたまなのかはまだ数年見てみないとわかりませんが、クラシックで勝ち負け、はいい意味で規格外、いい意味で想定外だったのではないかなと。

 

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com