見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

菊花賞2着馬対決。ディープスカイ対ステイゴールド産駒の行方は?2018阪神大賞典・レインボーライン。

岩田騎手といえば、わたしはデルタブルースなど、短距離のロードカナロアよりも長距離が上手い騎手というイメージがいまだにあります。

そういった意味で、真骨頂というか、ようやくふだんの力を発揮してきたなと思えたのが2018年の阪神大賞典。

クリンチャーが人気を背負っていましたが、昔懐かしいコタシャーンですか???という、一周目で馬がが勘違いしてかかってしまうというアクシデントもあってか3着に敗退。

菊花賞2着馬対決の軍配はレインボーラインにあがりました。

そして栗東・浅見厩舎、個人的に好きなんですよね。

理由は「ガンガン使ってもへこたれない馬が多い」から。

どういう秘訣かわかりませんが、とにかく元気はつらつなんですよね。オーストラリアで調教師やったほうが結果出るんじゃないか?と思えるくらい体調管理に長けている方なのかなと思います。

私が馬主なら浅見調教師に頼みたいなと。長くたくさん走ってもらいたいですし。

 

というわけでレースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com