見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

初対決のライバル一蹴。まさにプレミアムか?無敗の2歳チャンプ@2018弥生賞・ダノンプレミアム。

栗東・中内田調教師といえばグレイトパールはじめ、海外馬主からも厚い信頼を寄せられている若手の一人です。

不思議とサンデーレーシング、社台の大物が出てきてないイメージもありますが、それは堀厩舎やほかの厩舎に任せて、わが道を行く、というほうが個人的には面白いかなと思います。

 

同じく無敗のワグネリアンが金子真人HDの管理馬ということで、父のディープインパクト級かと期待されていたわけですが、終わってみたら楽勝という結果。

3着にはビリーヴ産駒のジャンダルムが入ったこともあり、昨年の重賞路線活躍組は今年も安定感がある、というのが2018年3月現在の勢力図。

当然若駒ですので、一ヶ月あればガラっと変わる可能性もあります。

皐月賞が楽しみになりました。

レースはこちらからどうぞ。

 

www.youtube.com