見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

16着まで0.8秒差。ハンデキャッパーガッツポーズ!2018オーシャンS・キングハート。

ハンデ戦というのは馬券を購入する側からしてもワクワクしますし、ハンデキャッパーからしても違う意味でどきどきするわけです。

大差勝ちで終わってしまった場合などは「ハンデおかしい」と世間には思われるわけで、馬券購入者は自己責任と割り切れますが、ハンデキャッパーは自分のさじ加減ということもあり、そうもいきません。

そういった意味で、ハンデキャッパーの理想像ともいえるレースになったのが2018年のオーシャンS。

 

16着までが0.8秒差以内という大混戦。

勝ったのは善戦マン暦が長かったキングハートと北村宏騎手。

馬は素質は買われていたものの、なかなか勝ち星がついてこず苦労していたわけですが、ようやく結果が出ました。

レースはこちらからどうぞ。

www.youtube.com