見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

夢は見るものではなく叶えるもの。ノンコがやった@2018フェブラリーS・ノンコノユメと内田博幸。

「外国人騎手ばかりでつまらない」

というのが流行語?になりそうだった2017年のJRA。

デムーロ騎手の相馬眼が冴え渡り、乗る馬乗る馬、すべて違う馬でのG1制覇という不思議な記録もできました。

 

今年もその旋風が吹き荒れるのかと思われた2018年第一弾のG1・フェブラリーS。

前走の根岸Sを勝っていなければこの舞台に立てなかったノンコノユメ。

大きなハナ差といわれた前走でしたが、またも大きなハナ差となりました。

 

先行激化が予想されていただけにテイエムジンソク惨敗は想定内。

ただ、予想より負けたな、という印象。

ゴールドドリームは1番人気というのが少しプレッシャーだったか、追い出しがほんの少し早かった分、最後に差された感じですが、差し返す根性も見せており、今年は安定して走ってくるのではないでしょうか。ドバイ遠征でシンガリ負けからよく持ち直したなと、ノンコノユメの復活劇ともども感じます。

ウチパク騎手も久々のG1制覇。おそらく次はかしわ記念でしょうが、左回りのマイルなら連勝もありえます。

www.youtube.com