見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

皐月賞馬・日本ダービー馬・エリザベス女王杯勝ち馬。すべて撃破はまさかのこの馬。2018京都記念・クリンチャー。

どろんこ馬場で2着に食い込んだ2017年の菊花賞。

それがディープスカイ産駒のクリンチャーです。

藤岡兄が主戦ということもあり、人気の盲点になり続けてきたわけですが、今回は盲点、というより、相手関係を考えると仕方ない、と思える豪華メンバーがそろった京都記念。

ダービー馬・レイデオロがバルジュー騎手、ということでかなり怪しい、と思っていたら正直、味もなんもない3着。

2着に皐月賞馬アルアインが入っていますが、こちらはこの距離ならこのくらいは、と思えるだけにそこまで驚きません。

そして4着にはモズカッチャン。牡馬相手となるとここまで、といったところでしょうか。

 

菊花賞馬・キセキは日経賞から始動ということでまだ先ですが、クリンチャーは次は阪神大賞典に参戦を予定。

ヤネがnetではいろいろトラブルがささやかれていますが、藤岡佑介→武豊にスイッチして春の天皇賞まで内定しているとのこと。

平成の盾男がはたしてどこまでこの馬でやれるのか。

平成も来年で終わるわけですので、次の年号も盾男になるのかも含め、期待してみましょうか。

www.youtube.com