見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

世代最後の芝の新馬勝ち。全兄はトーセンスターダム。妹はいかに?2018メイクデビュー阪神・センテリュオと福永祐一。

オーストラリアG1を2勝している日本馬。

いや元日本馬といえばトーセンスターダムです。

日本の3歳クラシックでも人気をしていた同馬だけに、このくらいは走れる、とは思うわけですが、日本国内にいたらG1を2つ、は厳しかったのではないでしょうか。

 

そんなトーセンスターダムの全妹はキャロットファームの所有馬。

栗東・高野厩舎のセンテリュオです。

高野厩舎といえば、惜しいところまでは来るものの、まだまだ栗東では目立たない厩舎。

中内田調教師が先にブレイクを果たしていますが、この厩舎もPOGではけっこう気になる厩舎の1つ。

芝2000mを牝馬で選択、ということと、今年は桜花賞路線が本賞金でもかなり厳しい状況なこともあり、おそらくオークス狙い。

福永騎手が騎乗ということで、牝馬の福永なるか、はたまた今年はワグネリアンがいますので牡馬も福永、なるかも注目です。

www.youtube.com