見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

不良馬場で豪脚披露。祖母プライムステージ、近親スクリーンヒーローがダートデビュー@メイクデビュー東京・アサクサスポット。

新人、若手の中では関東では武藤雅騎手が乗れているように思えます。

藤田菜七子も今年はまずまずのスタートなわけですが、中央開催で若手の台頭となると、制裁点数キングの木幡巧か武藤かなと。

 

そんな武藤騎手の手綱でふらふらしながら豪快に差し切ったのがアサクサスポット。

ハービンジャーは芽が出てきましたが、こちらはくすぶっているワークフォース産駒です。

 

なかなかダートに楽しめる馬が出てきたな、と思っていたら・・・

 

なんとどこもその後は使わず、弥生賞に登録してきました。

ダート勝ち→弥生賞も異色なら、今年はワグネリアン、ダノンプレミアム、オブセッションの無敗馬をはじめ、ホープフルS2着のジャンダルムも参戦するわけです。

 

ヤネは武藤騎手継続ということで、2018年の弥生賞はデビュー前の馬が登録していたり、なかなか不思議な重賞になりそうです。

 

以下レースはこちらからご確認ください。

 

www.youtube.com