見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

姉エイジアンウインズのG1制覇から10年。妹はいかに?2018エルフィンS・レッドサクヤと福永祐一。

苦節10年。

「姉はG1馬」「近親に○○がいる良血」といった話は競馬雑誌、POGなどでは盛んなわけですが、そんなのは正直ゴロゴロいるわけです。

ディープインパクトの兄がブラックタイドです。

いえいえ、ブラックタイドの弟がディープインパクトです。

どっちでも意味は一緒ですが、意味合いとなると違ってきます。

 

上に偉大なのを持つと下が苦労する、という意味で、お互いに切磋琢磨といえる結果だったのはビワハヤヒデとナリタブライアンの兄弟かもしれません。

特に兄は持ち込みということで、意図した配合ではなかったわけで、シャルードという異色の血統、かつ葦毛という日本人好みの雰囲気からもファンが多かった馬。

 

と横道にそれましたが、エイジアンウインズの妹、としてようやくG1臭がしなくもないのがディープインパクト×サクラサクⅡから生まれたレッドサクヤ。

エルフィンS勝ちからクラシックへ、という流れではレッドディザイアあたりがまずまず成功例ではないでしょうか。

福永騎手、ワグネリアンはじめ今年は一味違う?

奥さんも2人目の赤ちゃんがおなかにいるということで、「父はダービージョッキーです」と胸を張っていえるのかどうか。

キングヘイローではパニくって何もできなかった日本ダービーも、エピファネイアでイメージも払拭できたか。

はたして一皮向けるのか。はたまた例年通りになるのか。

レースはこちらから。

www.youtube.com