見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「今後を計算しやすくなった」by藤原英師。2番手追走→余裕の抜け出し。2017メイクデビュー阪神・ギベオン。

最近はサンデーレーシングにすっかりお株を奪われてしまった社台ファーム。

社台の勝負服といえば、やはりジェニュイン、ハーツクライ、そして昨年引退のイスラボニータといったところ。

 

アメリカG1を2勝した名牝・コンテスティドを母に持ち、父はディープインパクトのギベオン。

1番人気に応え、見事1800mのデビュー戦を勝利。

とはいえ、ヤネは短期免許のクリスチャン・デムーロ騎手。

本番まで継続して乗れる騎手、藤原厩舎だと誰なんだろう。

 

無事に使ってしっかり勝つことが目標だった、ということでまずは第一関門突破。

大きいところを目指す、というコメントもあっただけに、堅実に500万下から行くのか、はたまたきさらぎ賞あたりから強気に行くのか、注目のローテになります。

www.youtube.com