見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

貴重なカネヒキリ産駒。唯一参戦の3歳馬が初重賞制覇。来年もドバイへGo!2017カペラS・ディオスコリダーと津村明秀。

父カネヒキリといえば今年は韓国G1を制したロンドンタウンが後継種牡馬にノミネートされていると思われます。

地方ではロケットマンあたりも今後の活躍しだいでなんとかなる、のかな。

 

そんなカネヒキリ産駒から、ドバイ経験からたくましくなったイレギュラーな3歳馬・ディスコリダーが古馬相手にG3を勝利。

ドバイ帰りはだいたいへたってしまい年内ボロボロ、それ以降も成績があがってこない、というイメージもあるダート馬。

わかりやすい例がゴールデンバローズでしょうか。

2歳から期待されてドバイ遠征までしてから、一気におかしくなってしまいました。

 

今年のドバイゴールデンシャヒーンに強気に参戦したディオスコリダーは11着大敗。

とはいえ、来年は4歳。完成度でいえばはるかに期待できます。

呼んでもらえたら、また行きたいですね、と野嶋オーナーの弁もあり、期待したいですね。

2着にはもはやおじいちゃん、白髪、いや白毛に見えてきたスノードラゴン。

勝負服が水色、かつ馬が白いので妙に目立つんですが、今回はいい意味で目立ちました。

来年もこちらも現役続行。カラジみたいになりそうですが、はたしていつまで走るのやら。

 

津村騎手が合っているように思えますが、来年ドバイのパートナーが組めるのかどうかも注目です。

レースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com