見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

コンビで5戦4勝。オペラオーをほうふつとさせる葦毛のテイエム@2017みやこS・テイエムジンソクとフルキチ。

クロフネ産駒というと、やはり葦毛が走るイメージがあります。

ホエールキャプチャ、そしてフサイチリシャール。

さらに今回のこの馬。テイエムジンソク。

 

竹之下騎手が主戦でずっと乗ってましたが、あまりに準オープンでもたつくのにさすがにオーナーがキレたのか、古川騎手に騎乗変更。

その後の活躍はまあ古川騎手のおかげ、ともいえますが、馬の成長曲線もあるかと思うので、竹之下騎手には不運だったかもしれません。

 

1番人気はエピカリス。

ドバイ帰りは疑え、の鉄則通りに沈んでいきました。

外国人騎手が載っていようが、わたしが載っていようが、おそらく結果はたいして変わらなかったのではなかろうか。

ベルモントSを出走取り消しになって帰国ということで、まあ臨戦過程もとりあえず年内にひとたたき、という感じもするんで参考外でしょう。

 

これでチャンピオンズカップの優先出走権、かつ重賞初勝利も達成。

はたして本番はいかに?

www.youtube.com