見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

ブリストルメイ、57馬身差で圧勝@ランカシャーチェイス(英国障害G1)

今回は久しぶりに「レア競馬」。

日本では「大差」で片付いてしまいますが、海外では正確に着差を測定。

そういった意味でも衝撃的な数字が「57馬身差」。

今世紀に入ってから、イギリス・アイルランドの中でも最大の着差ということで歴史的快挙となりました。

 

オジュウチョウサンが出ていたらどうだったんだろう、と思いますが、このレースを過去3勝していたキューカードが57馬身ちぎられての2着に敗れただけに、勝ち馬ブリストルメイは怪物。

とはいえ、馬券としては堅い結果で、1・2番人気のワンツー。

まあこの着差なのでワンツーという表現も違和感はあります。

 

というわけで、やや長めの動画ですが、なにせ着差が着差。

ぜひご覧ください。

www.youtube.com