見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

良馬場で2歳コースレコードを0.7秒更新。後続8馬身ぶっちぎり@2017メイクデビュー東京・ミスターメロディと戸崎圭太。

父スキャットダディといえばやはりダート。

ハナを奪った米国産馬ミスターメロディ。

直線で余力十分で後続を突き放し、終わってみたら8馬身差。

 

これだけなら「まあ強い馬が出てきたね」ですむ話ですが、まさかの従来のタイムを0.7も更新する2歳コースレコード。

しかも時計が出にくい良馬場でのレコード更新。

ダート1300mというデビューを考えると、課題はマイルに対応できるかどうか。

とはいえ、古馬になれば1400mまででもやれる舞台はたくさんあります。

 

そういった意味では今回のみならず、今後古馬になっても追いかけたい1頭。

レースはこちらからどうぞ!

 

www.youtube.com