見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

3度目の正直でついにこのレース制覇。2016最優秀ダートホース復活の雄たけび@2017JBCクラシック・サウンドトゥルー。

追い込み馬は不発もある。

誰しもわかっていることですが、魅了されてしまうのもまた事実。

ハーツクライのように、奇策で先行してディープインパクトをおさえて勝った有馬記念のような競馬も面白いですが、勝っても負けても個性を変えない、いやむしろ崩さないことで結果を出しているのが大野騎手とサウンドトゥルー。

 

当然安定感はありません。

不発になればたたかれる。

前が詰まればやはりたたかれる。

それでもヤネは大野騎手。

オーナーの理解もなければいまどき難しいのが日本人騎手の有力馬の継続騎乗です。

 

2着に敗れたケイティブレイブは逃げから差しに転じてから味が出てきた口。

武豊騎手のときは先行して結果を残してきましたが、たまたま今年の帝王賞で出遅れ→追い込み勝利、となってからはむしろ差したほうが安定味が増しています。

 

3着のミツバ含め、上位3頭はそろってチャンピオンズカップに参戦予定。

ダート馬は頑丈とはいいますが、タフですねみんな。

というわけで、大野騎手、過去2年は3着、2着と涙を飲んできたJBCクラシック、ようやくの制覇おめでとう!

www.youtube.com