見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

後味悪し。大井・荒山師は歓喜の涙も斜行であやうく降着も。2017JBCレディスクラシック・ララベル。

勝負服は社台。

絶好調とはいえない状態ですが一生懸命走ってくれましたと、管理する荒山調教師。

地方馬初のJBCレディスクラシック勝利、という快挙となったララベル。

もちろん馬もデビュー時から期待され、結果も残してきた馬。

父ゴールドアリュールの血統を母系として残す大事な使命も持っている馬。

素直に喜びたいところではあるんですが・・・

 

逃げた2着の武豊騎手のプリンシアコメータとのたたきあい。

ララベル鞍上の真島大輔騎手も必死だったのはわかりますが、斜行があまりにもひどい。

これで降着なし、は納得いかないファンもかなりいたのでは?

 

物議をかもしたレースはこちらからご確認を!

www.youtube.com