見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

4着まで同タイムの大激戦。コパノリッキーの初スプリントG1制覇を阻止したのはこの馬@2017JBCスプリント・ニシケンモノノフ。

本来なら今年の帝王賞で実現予定だった大井の森騎手とコパノリッキーのタッグ。

初スプリントで実現となったわけですが、初距離なら田辺騎手が良かったのでは?と個人的には。

テン乗りでも問題なさそうな馬ではありますが、馬が1200mでとまどうのは戦前からわかっていただけに、乗りなれた騎手のほうが良かったような。

 

とはいえ最低限の仕事・2着は確保。

勝ったのはこの距離のスペシャリスト&大物食いならこの男、といえるコンビとなったニシケンモノノフと横山典騎手。

 

4着まで同タイムの大接戦を制するあたり、さすがベテラン。

かつ馬もここでしかG1が国内では狙いにくかったこともあり、陣営もうれしかったことでしょう。

 

見せ場もたっぷりの電撃戦はこちらからご確認ください。

www.youtube.com