見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

8馬身差圧勝でホワイトフーガ以下一蹴。強すぎるマンハッタンカフェ産駒@2017レディスプレリュード・クイーンマンボ。

ばいばいホワイトフーガ。

そう思える楽勝劇・世代交代を印象づけたのが2017レディスプレリュード。

芝に浮気して失敗したクイーンマンボがルメール騎手とのコンビでダートに戻ってあっさり、という内容。

 

ホワイトフーガも決して弱い馬ではないですが、まさかの8馬身差。

3キロの斤量差があったとはいえ、勝負づけがすんだような内容でした。

この勝負服ということで、先輩牝馬ではデムーロ騎手で大波乱となったチャンピオンズCのサンビスタが浮かびますが、ヒダカブリーダーズユニオンで1口持っている人は笑いが止まらないかもしれません。わたしもいいなあと思うし。

 

3着にも3歳馬アンジュデジールが入ったこともあり、地方交流はララベルがいるにせよ、現状はJRA勢に分がある、という印象。

 

次はJBCレディスクラシックということで、おそらく2,3着馬も順調なら参戦でしょう。上位独占再び、とおそらくなりそうですが結果やいかに。

今回のレースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com