見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

大差勝ちの次は4馬身差圧勝。20年ぶりのレコード更新の快速馬誕生@2017なでしこ賞・ハヤブサマカオーとルメール騎手。

速すぎる。

父シニスターミニスターということで、素人目にもダートだろうな、というのはわかりますが、相手関係がある競馬で大差勝ち、そして4馬身差楽勝、となると、来年のUAEダービー、またアメリカ3冠の夢が見たくなります。

 

それが今年のなでしこ賞勝利のハヤブサマカオー。

京都にわざわざ遠征した美浦・伊藤圭三厩舎の管理馬。

課題はもまれたときにどうか、といったところですが、この快速についてこれる2歳馬が現状見当たらないだけに、もまれないまま無敗で行く、という可能性もあります。

 

次は未定、とのことですが、流れ的には全日本2歳優駿くらいしか年内に適鞍がありません。

ルメール騎手はエピカリスとのコンビでアメリカG1挫折の経験もありますし、この馬で海外に!という思いもありそうです。

楽勝劇すぎてみても面白くはありませんがレースはこちらからどうぞ!

www.youtube.com