見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

芝2000mの勝ち時計がなんと2分12秒9.不良馬場の激戦を制したのが2017メイクデビュー京都・グレイルwith武豊。

メジロブライトのデビュー戦のオッズ・時計を見ると、とてもG1に縁があるような競馬ではありませんでした。

が、競馬は持ち時計だけではない、というのがメジロブライトが教えてくれた教訓ともいえます。

 

そういった意味で、非常に興味深いタイム。

芝2000m 2分12秒9

おいおい、芝2200mじゃないのか?と思えるタイムでデビュー勝ちしたのが父ハーツクライ・母プラチナチャリスの間に生まれたグレイルです。

 

不良馬場とはいえ京都の芝。

いくらなんでも遅すぎだろ、と思われますが、洋芝とはいえあまりに遅かったメジロブライトのタイムを考えると、これは吉兆になるのかもしれません。

驚異的に遅いレース、ぜひごらんください。

www.youtube.com