見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「こういう馬場でもよくがんばってくれた」byルメール。ラムセスバローズとの一騎打ちを制した2017メイクデビュー東京・オブセッション。

藤沢厩舎とルメール騎手。

というよりも、関東の厩舎とルメール騎手、といったほうがしっくりするかもしれないコンビ。

メジャーエンブレムも美浦・田村厩舎でしたし。

 

そんなコンビからまた新たな馬が登場。

芝2000mデビューということで、素質馬がそろった一戦。

1.9倍の支持を受けたオブセッションは重馬場ながら2番人気のアメリカ産馬・ラムセスバローズとの一騎打ちを制しての勝利。

シルクの勝負服とルメール騎手、というのも斬新といえば斬新ですが、はたしてクラシックまでこのコンビでいくのかどうか。

次は未定とのこと。

レースはこのような感じで流れました。

www.youtube.com