見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

3年2ヶ月ぶり。G1ジョッキーが意地を見せた&南井調教師も4年ぶりの重賞勝利@2017シリウスS・メイショウスミトモ。

スミトモと聞くと、浮かぶのは住友、でしょうか。

ですがメイショウの冠ですので、やはり平将門と並んで日本史で学ぶ藤原純友ではないでしょうか。

歴史ではひとくくりに「海賊」とされていますが、もと公家です。

といっているとどんどん競馬から離れていくのでこのくらいにして。

 

フルキチこと、古川吉洋騎手。

アインブライドでキュンティアとのワンツーが斬新だったG1制覇。

あれ以降、G1にはご縁はありませんが、まさか重賞にもご縁がなかったとは意外。

今年はテイエムジンソクのエルムSが最大のチャンスだったわけですが、今思えば勝ち馬ロンドンタウンはいまや韓国G1馬。相手が悪かった、ということでしょう。

 

管理するナリタブライアンでおなじみの南井調教師も4年ぶりの重賞勝利。

父ゴールドアリュールにささげる11番人気での劇走。

こちらからごらんください。

www.youtube.com