見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

オルフェーブル産駒重賞勝ち馬第一号はこの馬@2017札幌2歳S・ロックディスタウンとルメール騎手。

毛色がそっくりなんだよなあ。

と思えるのがキャットコインの妹でもあり、同じサンデーレーシングの所有馬でもある新種牡馬オルフェーブル産駒のロックディスタウン。

オルフェーブルといえばやはり池添騎手。

ハービンジャー産駒で今年のヴィクトリアマイル勝ち馬・アドマイヤリードの妹・カレンシリエージョで挑むも10着に大敗。

 

オルフェーブル産駒の重賞勝ち馬。

池添騎手としては複雑なところでしょうが、まだまだ大物は秋以降控えているはず。

ぜひオルフェーブル産駒初のクラシック勝ち馬の背には池添騎手がいてほしい、と思います。

 

とはいえルメール騎手はお手馬だらけ、かつ、凱旋門賞はサトノダイヤモンドがいたり、と今年も充実の1年になりそうですね。

戸崎騎手とのリーディング争いもやはり熾烈。

デムーロ騎手もまだまだ射程圏内だけに、2017年のリーディングが誰になるのかも注目。

www.youtube.com