見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

勝ち馬は あえて書かない 次本番 2017フォワ賞。

日本人からすると勝って当たり前、と思われているのが凱旋門賞の前哨戦・フォワ賞。

とはいえ、現地で本気で凱旋門を狙いにいっている厩舎サイドは使わないレース。

なぜ日本人はここにこだわってるのかいまだによくわかりません。

 

今年はサトノダイヤモンド、サトノノブレスの2頭出し。

かつ6頭立て。

鞍上はそれぞれルメール騎手、川田騎手。

川田騎手としてはかなりリラックスして乗れるんではなかろうか。

ハープスターのときの重圧に比べれば軽い軽い。

 

さすがにどっちか、いやダイヤモンドは勝つだろう、と思っていましたが・・・

まさかの違った意味で「いったいった」になりました。

うがった論調としては「わざと負けて本番のマークを薄くする狙い」などという家kんもありますが、仮にここを勝っていたところで、今年は大本命・エネイブルが参戦予定だけにサトノの動向など気にするのはブックメーカーくらいなもの。

 

というわけで、日本で発売していたら「おいおい」という結果になった2017フォワ賞。

www.youtube.com