見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

武豊の手腕が冴えた!重賞初挑戦ながら見事接戦を制す@2017サマーチャンピオン・ラインシュナイダー。

父ヴァーミリアン

母の父テンビー

 

ということで父からはダート適性、母父からは短距離適性を受け継いで見事そのとおりの仔が出た。

そう思えるのが栗東・沖厩舎所属のラインシュナイダー。

沖厩舎といえばやはり渡辺騎手とナリタトップロードですが、気づけば渡辺調教師。

2着のタムロミラクルも内容のいい競馬。

佐賀の1400mということで、乗りなれていない騎手がきっちり結果を出してしまうあたり、JRA勢、特に短距離勢の層が厚い、ともいえます。

 

というわけでレースはこちらからご確認ください。

www.youtube.com