見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

マグニフィカ以来の地方馬の勝利は代打・本田騎手の魂の騎乗@2017ジャパンダートダービー・ヒガシウィルウィン

度胸が据わっていると評判の本田正重騎手。

JRAのサンライズソア、サンライズノヴァ、そして悲願のG1制覇を狙う若武者・木幡巧騎手騎乗のリゾネーター。

そして川島騎手騎乗のタガノディグオ。

 

南関東はほんとに騎手の宝庫。

的場文男騎手とかもしJRA所属だったらどうだったんだろ、と思います。

石崎騎手もですね。

内田、戸崎の両名が結果を出してはいますが、南関東にはまだまだ逸材が。

今回ヒガシウィルウィンに騎乗できずもツイッターで喜び爆発の主戦・森騎手もその1人。

いずれ中央競馬に殴りこみに来るでしょう。

 

今年のジャパンダートダービーはエピカリス、リエノテソーロが不参加ということで、中央勢はやや小粒だったかもしれません。

そして毎年謎なのが「なぜユニコーンS勝ち馬が人気するのか?」。

距離適性いっさい無視でほぼ1番人気に推されるんですが・・・

今年でいえばユニコーンSの2,3着馬のほうが距離適性はあったということでしょう。

そういう意味でユニコーンS2着馬のハルクンノテソーロには参戦してほしかった。

 

とはいえマグニフィカ以来の地方馬の勝利。

素直に喜びたいですし、中央競馬ファンも「まああの馬に勝たれたのでは仕方ない」と納得できる結果。

 

競馬自体は王道。

馬場のど真ん中からあっさり突き抜けました。

本田騎手も代打とはいえすばらしかった。

現地の空気もほほえましかったのがビンビン伝わる動画はこちらから。

www.youtube.com