見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

2017東から最初の勝ち名乗りはこの馬。メイクデビュー東京・ヴィオトポスと柴田大知。

ああマイネヴィータは聞いたことがあるな。

フラワーカップやフローラSなど3歳春に重賞で人気を背負ったナリタブライアン産駒。

結果的には人気に応えることはかないませんでしたが、母として面白い馬を出してきました。

 

ヴィオトポス。

父マツリダゴッホで、美浦・田村厩舎所属の2歳牝馬です。

となると、メジャーエンブレム級か?

 

となるかどうかはまだまだ先の話ですが、マイネル軍団といえばやはり柴田大知騎手。

母のマイネヴィータはG1で掲示板、という実績もあるだけに、この馬、意外と強いのかもしれん。

www.youtube.com