見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

地方競馬の経験の差か?断然人気のリゾネーター、馬群に沈む。2017兵庫チャンピオンシップ・タガノディヴォと川島信二。

リゾネーターはじめ、2017年の3歳ダート馬、かなりいい馬が木幡巧也騎手にまわってきています。

アメリカ遠征ことついえたものの、ジャパンダートダービーで印が普通につくはずの馬、リゾネーターで挑んだ圧倒的1番人気の兵庫CS。

向こう正面で動く、というセオリーどおりの競馬をやりたかったものの、まさかの馬が途中からついていけない、という展開に。

その後ろにいたタガノディヴォは、リゾネーターの動きが鈍いとみるや、すばやく前にとりつく積極的な競馬。

川島騎手は地方競馬ではそこそこ乗りなれているだけに、ここは経験の差と、馬の適性の差がもろに出た感じ。

今回の結果=能力差ではないはずだけに、今年の3歳ダート界は面白くなりそうですねエピカリス含め。

www.youtube.com