見逃した!あの馬のレースをもう一度頼む!playbackracing!

注目の新馬戦、愛馬の出走レースをついつい見逃してしまう、そんな残念な経験ありませんか?playbackracingは独断と偏見に基づいて毎週気になるレースを動画つきで回顧します。アカウント停止になってしまっている動画はできるだけ差し替えていますが、わたしのレース回顧のみの記事もあります。2017年3月11日現在、2016年チェックは完了しました。知らない馬、隠れた名馬、一発屋など多彩なメンバーでお届け!

「距離ももつと思うし、いいものを持っている」初コンビ池添謙一一発回答。2017君子蘭賞・カワキタエンカ。

池添騎手といえば、デュランダル、スイープトウショウ、オルフェーブルなど、後ろから豪快に競馬するイメージもありますが、2017年はわりと前目の馬で目立っています。

皐月賞にはオープン連勝中のアダムバローズ。

そしてここにきて面白そうな馬が出てきました。

 

母カワキタラブポップから生まれたディープインパクト産のカワキタエンカ。

ゲートの出が早いこともあり、ぽんとハナに。

牝馬は今年はかなり層が厚いうえに、桜花賞が適鞍ですが、まあ間に合いません。

ニュージーランドトロフィーあたりでNHKマイルカップを狙うことになるのかもしれませんが、この馬、意外と強い気がします。

www.youtube.com